大和市 鶴間駅西口徒歩1分 内科 リウマチ科 アレルギー科 呼吸器内科 女性医師
ご予約・ご相談はこちらから
📞046-204-5190

リウマチ性多発筋痛症

●リウマチ性多発筋痛症とは

リウマチ性多発筋痛症(Polymyalgia rheumatica :PMRと略されます)は、50歳以上の高齢者に多く発症し、肩の痛み、体に近い側の肩や上腕、大腿などの四肢近位筋主体の痛みや朝のこわばりと、微熱、倦怠感を呈する炎症性疾患です。「リウマチ」という名前はついていますが、関節リウマチとは別の病気です。

男女比は1:2から1:3で女性に多く、発症年齢のピークは70-80歳とされていますが、病因は現在のところ不明です。欧米ではリウマチ性多発筋痛症の5-30%に巨細胞性動脈炎(側頭動脈炎)を合併しますが、日本では合併は少ないとされています。

高齢者の方が、「ある日急に両腕が肩より上に挙げられなくなって、両肩から二の腕にかけてと太ももに筋肉痛がでてきた。日が経つにつれて、朝にこわばりが出るようになって、着替えがしにくかったり、寝返りしにくいなど、体が動かしにくくなった」というような訴えが典型的です。

「リウマチ性多発筋痛症、診断」の画像検索結果

●診断

診断にはBird(バード)の診断基準(1979年、表1)が使われていましたが、最近では2012年のEULAR/ACR分類基準(表2)が使われます。
「リウマチ性多発筋痛症、診断」の画像検索結果

●治療

ステロイドが著効することが多く、まず10~20 mg/日のプレドニゾロン(商品名:プレドニン®)のように少量のステロイド内服で治療を開始し、著効しない場合は増量します。
病状が落ち着いたら徐々にステロイド量を減量しますが、減量中に再発する場合もあります。再発は25~50%の割合で起こると言われています。
ステロイドだけで治療が難しい場合は、メトトレキサート生物学的製剤で治療を行う場合もあります。