Skip to content
大和市 鶴間駅西口徒歩1分 内科 リウマチ科 アレルギー科 呼吸器内科 女性医師
ご予約・ご相談はこちらから
📞046-204-5190

リウマチ、アレルギー、呼吸器を中心に

一般内科をはば広く診療いたします

道路側

11

クリニック道路側です。
車イスの方のために、一部スロープを設けています。
わずかですが段差がありますので、お足元に十分ご注意下さい

ホーム側

1

鶴間駅ホームから見たクリニックです。
ホーム北側(南林間駅側)まで歩いて行くと、桜の木の陰にクリニックが見えます。
ぜひ一度、ホームからもご覧下さい。

予約制

当クリニックは待ち時間解消のため予約制としております。
受付またはお電話でご予約ください。
30分毎に複数名予約を入れています。
たとえば10時ご予約の方は、9時45分~10時15分頃を目安に受付にいらしてください。10時~10時30分の間に受付順に診察させて頂くよう努めています。
状態の悪い方がいらっしゃったり、初診でお時間のかかる方が続いてしまったりなど、場合によっては予約時間より1時間程度お待たせしてしまうこともあります。
また状況によりお呼びする順番が前後することもあります。
なるべく待ち時間が少なくなるよう努めておりますが、上記につきご了承のうえ、ご予約をお願いいたします。
初診の方、ご予約変更の場合も、あまりお待ちにならない時間帯でご予約を入れますので、来院前にお電話をください
ご予約の方を優先いたしますので、ご予約なしで直接来院された方は待ち時間が長くなる場合があります。ご了承お願いいたします。

📞046-204-5190

12月12日(木)午後、医師会業務のため15時30分までで診療を終わります。
12月29日(日)~1月3日(金)の間、年末年始休診とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、ご了承ください。

月・火・木・金曜日の診療は9時~12時までと14時~17時までです。

土曜日の診療は9時~12時までです。

受付開始午前8時45分午後13時45分です。

新着ニュース

チメロサールフリーのインフルワクチンは、終了いたしました

2019年12月2日

チメロサールフリーのインフルワクチンは、終了いたしました
追加入荷できる見込みはありませんので、ご了承ください。

年末年始休診のお知らせ

2019年11月17日

12月29日(日)~1月3日(金)の間、休診とさせていただきます。
新年は1月4日(土)より通常通り診療いたします。
ご不便をおかけしますが、ご了承ください。

12月の休診

2019年11月13日

12月12日(木)午後、医師会業務のため15時30分までで診療を終わります。
ご不便をおかけしますが、ご了承ください。

チメロサールフリーのインフルエンザワクチン

2019年10月27日

チメロサールフリーのインフルエンザワクチンを入荷しました。
3500円です。
確保できた本数が少ないので、ご希望の方はお早めにご予約ください。
公費の方には、チメロサールフリーのワクチンは接種できませんので、ご了承ください。
詳細はブログをご覧ください。

インフルエンザワクチン予約

2019年10月14日

10月7日(月)からインフルエンザワクチン予約と接種を行っています。
今年度もワクチン入手を確保できない状態です。
申し訳ございませんが、当院を受診されたことのある方だけに、接種を限定させていただきます。

公費の方(大和市在住、接種日に65歳以上の方、12月28日(土)まで)・・・2000円
その他の方(中学生以上)・・・3000円

入手量が少なく在庫管理が難しいので、1週間以内の予約だけお受けいたします。受付またはお電話にてお申込みください。
接種当日は年齢を確認するため、保険証をお持ちください。
詳細はブログをご覧ください。

診療科目

一般内科

生活習慣病の予防・管理から、高血圧、脂質異常症、糖尿病、胃腸炎、膀胱炎などの内科全般を幅広く診療しています。
予防接種や検診も行っています。

リウマチ科

「関節リウマチ」は、今世紀に入ってから「生物学的製剤」「標的阻害剤」の治療薬が登場し、予後が著しく改善しています。
リウマチ学会指導医として、膠原病疾患の診断・治療を行います。

アレルギー科

喘息をはじめとし、花粉症、蕁麻疹など、アレルギー性疾患の治療を行います。

呼吸器内科

上気道炎、急性気管支炎をはじめ、気管支喘息、肺気腫など呼吸器疾患の治療を行います。

当院のご案内

当院のご案内

当院は「かかりつけのホームドクター」として、また「リウマチ・アレルギー性疾患専門医」として、平成29年12月1日(金)開院いたしました。

治療方針

1.それぞれの方に最適な検査と治療を心がけています。過剰な医療はいたしません。
2.丁寧にわかりやすくご説明いたします。
3.「もし自分の家族だったら」と考え、患者様一人ひとりを診療いたします。

Scroll To Top