今年はスギ花粉飛散量が多いため、「例年より花粉症がひどいかなしい の画像」とおっしゃる方が多いです。関東のスギ花粉のピークは越えていますが、ここ数日、ヒノキ花粉が多量に飛散しているようです。
数名の方から、「頭痛がツラいのですが、花粉症と関係あるのですか?」とご質問されたので、花粉症の頭痛についてまとめてみます。

花粉症の症状は、【鼻水と鼻づまり目のかゆみくしゃみ】が代表的ですが、他に皮膚の痒み、咳、頭痛なども起こります。
頭痛が起こる原因は、大きく五つあります。

(1)副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)
鼻水が増えたり、副鼻腔の出口にあたる鼻粘膜が腫れることで鼻水の流れが悪くなり、副鼻腔に鼻水が貯まり副鼻腔炎になることがあります。副鼻腔炎により、額、頬の裏、目の奥、鼻の奥、歯の痛みを感じることがあります。
「副鼻腔炎」の画像検索結果
(2)鼻づまりによる脳内血流低下
花粉症がひどい時は、鼻づまりでうまく呼吸ができず脳内の血流が滞り、軽い酸欠状態になってしまい頭痛が起こります。 このような時は首より上の血流も悪くなっているため、肩こりや眼精疲労も重なり、つらい頭痛を引き起こすことになります。

(3)睡眠不足
息苦しさや痒みでぐっすり眠れず、睡眠不足・疲労・ストレスから頭痛を引き起こすことがあります。

(4)肩こり
頻繁にくしゃみしたり鼻をかんだりすると、首や肩に負担がかかります。筋肉の緊張による首や肩のこりが頭痛(緊張型頭痛)の原因になる場合もあります。

(5)ヒスタミン
花粉症の原因であるヒスタミンは、鼻や目の炎症を招くだけでなく、血管を拡張させる作用もあります。血管が広がることで、血管の周りにたくさんある神経が刺激され、これが頭痛の原因となるともいわれています。
「ヒスタミン」の画像検索結果

頭痛の原因が花粉症であるなら、頭痛を引き起こしている主な原因である鼻水・鼻づまりを解消しない限り、頭痛は続くことになります。今年はスギだけではなく、ヒノキの花粉飛散量も多いようです。症状がつらい場合、お早めに受診してください