母の首の左側に1年前からイボができていました。
だんだん大きくなってきて気になるので取りたい、一緒に皮膚科に行って欲しいと言うので、とてもお世話になっている皮膚科クリニックへ行きました。

 

皮膚の黒いシミの部分の一部が直径4mmくらいのドーム状に盛り上がっているのは脂漏性角化症(老人性疣贅)で、そのドームの上の部分に短い糸状に数本あるのはウイルス性のイボとのご説明。
ウイルスは角化部分が好きなので、合併することが多いとのこと。ふむふむ。
保険診療液体窒素と、自費炭酸ガスレーザーの違いを分かりやすくご説明してくださいました。
炭酸ガスレーザーは、10,600nmの波長を持つレーザー光を発生し、特に水に吸収されやすい性質を持っているため、水分の多い組織を加熱し、組織を一瞬のうちに気化・蒸散するそうです。
ほとんど出血せず、周囲組織への熱による損傷が少ないとのこと。
ご説明のあと、母は迷わず炭酸ガスレーザーを選びました。
施術後のきれいな仕上がりキラキラ デコメ絵文字」というお言葉が決め手だったようです。


炭酸ガスレーザー治療を私も拝見させていただけました。
写真のような感じの機器で、煙(水蒸気?)を出しながらイボの根元を剥がしていく感じでした。
たしかに出血がほとんどなく、イボがコロッと取れました。

 

皮膚科の治療を拝見するのは、研修医の時以来でした。
お忙しいのに快く見学させてくださり、治療中も丁寧にご説明くださって、本当にどうもありがとうございましたありがとう デコメ絵文字
とても勉強になりました!!