ある果物や生野菜を食べたときに、口の中で刺激感やかゆみ、喉の奥が詰まるような感じがするのは口腔アレルギー症候群(OAS=oral allergy syndrome)で、花粉症が関係している場合もあります。
よくまとまっているサイトがありますので、このサイトからの抜粋を中心にまとめてみます。

 

症状

ある果物や生野菜を食べた後、数分以内に唇、舌、口の中や喉にかゆみやしびれ、むくみなどがあらわれます。
ときには、アナフィラキシーショックと呼ばれるショック症状を起こすこともあります。
このような症状があらわれても、多くは食後しばらくすると自然に軽快します。

 

原因

口腔アレルギー症候群は、果物や生野菜に含まれるアレルギーを起こす原因物質(アレルゲン)が、口の中の粘膜に触れて起こるアレルギー反応で、体内のIgE抗体(アレルギー物質に対する抗体)が関係しています。
症状を引き起こすアレルゲンは、植物が病原菌の感染や傷害、ストレスから身を守るための生体防御として誘導されるタンパク質です。
このアレルゲンは多くの場合、加熱処理や酵素処理などにより消化されるため小腸に到達する前に壊れるので、主に口の中だけで反応が起きます

 

花粉症との関係は?

花粉症の方には花粉のアレルゲンに対するIgE抗体があります。生野菜や果物のアレルゲンは花粉のアレルゲンと構造が似ているので、IgE抗体が構造の似たアレルゲンと反応し、口腔内でもアレルギーが起こることがあります。これを「交差反応」と言います。この交差反応により、花粉症の方が生野菜や果物を食べたときに口腔アレルギー症候群が発症することがあります。

 

花粉症との合併比率

シラカンバやオオバヤシャブシの花粉症患者・・・20%
スギ花粉症患者・・・7~17%

 

主な花粉と交差反応性が報告されている果物・野菜

対策

花粉症で口の中に症状がある場合には、医療機関を受診し、アレルギーの原因となる食物を確認し、避けるのが基本です。ただ、口腔アレルギーを起こす果物や生野菜のアレルゲンは熱に弱く、加熱すれば食べることができることもあります。